プロフィール

ジュリアナ・オームと申します。

ジュリアナという名前はイタリア語ですが(父はイタリア人、母は典型的なイギリス人です!)、イギリスで育ち、教育を受けました。

昔からずっとベーキングとアフタヌーンティーの伝統が大好きで、文字通り「母のひざ元」で色々と学びました!

幸運にも母はパンやお菓子作りが得意だったため、家族や友人のためにとても美味しいアフタヌーンティーをよく作ってくれました!

幼い頃に初めてビクトリア・サンドイッチケーキ(ビクトリア・スポンジケーキ)を作り、今はアフタヌーンティー教室で生徒さんたちに召し上がっていただくためにこの伝統的なケーキを毎週作るのを楽しんでいます。

友人のためにアフタヌーンティーと失敗しないスコーン作りのレッスンを行ったことがきっかけで、教室を始めました。友人に後押しされ、レッスンを正式なものにし、皆さまに楽しんでいただけるようなレッスン内容を考え、2002年10月に正式なレッスンを初めて開催しました。

当初から私の目的は変わっていません―この古き良き伝統をホテルやティールームだけでなく、家庭でも生かし続けることです!(ホテルやティールームに反対しているわけではありません!)

ご家庭でアフタヌーンティーを再び取り入れていただき、社交の場としてアフタヌーンティーを行い、「誰でもやってみることができる!」と言えることがいかに素晴らしいことかを強調したいと思っています。

この非常に特別なかつ楽しい伝統を、典型的なイギリスの自宅(ビクトリアン・ハウス)でお楽しみください。アフタヌーンティー教室では和やかでくつろいだ雰囲気の中、この古き良き伝統を体験していただき、イギリス分化の慣習および伝統についてもお学びいただけます。

また、アフタヌーンティーにまつわる上流気取りの考えを取り除き、アフタヌーンティーのマナーやエチケットに対する不安を解消することにも注力しています。この素晴らしい伝統の歴史についてご説明し、皆さまが心地よいと感じながらお楽しみいただけるよう務めています! 

これまで世界中から訪れてくださった生徒さんたちとレッスンを行うことができました!嬉しいことにこれまでの生徒さんたちがブログや記事でレッスンを広めてくださりました。メディア掲載フィードバックから一部をご覧いただけます。これまで、日本、韓国、インドネシア、中国、インド、スリランカ、マレーシア、オーストラリア、パキスタン、ブラジル、アルゼンチン、南アフリカ、ガーナ、アメリカ、カナダ、スウェーデン、デンマーク、ロシア、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ベルギー、ギリシャとジャマイカからいらした生徒さんにお会いすることができました!もし忘れていしまっている方がいらっしゃった場合、申し訳ございません。ぜひその旨をお知らせください!

実は私の著書“Afternoon Tea at Home – Made Simple”は、生徒さんにインスピレーションを受け、後押しされて実現しました。

この本を書くにあたり大掛かりなリサーチを行い、レッスン中にお話しできる内容よりもより詳しくアフタヌーンティーについて書かれています!また、「紅茶」についてもっと学びたい方には特に役立つと思います。

2008年に出版され、レッスンでもお買い求めいただけます。本の詳細については、こちらからご覧ください。

音楽

音楽も大好きです。ぜひ私の歌をお聴きください。ダウンロードもできます。各曲の再生ボタンをクリックしてください。

トラック1:

ダウンロード (右クリック→「名前をつけて保存」をお選びください)

トラック2:

ダウンロード (右クリック→「名前をつけて保存」をお選びください)

フラワーアレンジメント

もうお分かりかと思いますが、お花も大好きです!レッスンにお越しいただけたら私のフラワーアレンジメントをご覧いただけます。フラワーアレンジメントは毎週変えています!

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です